「沖縄県観光コンベンションビューロー(OCVB)は2020年2月18日、東京で「沖縄MICEセミナーと商談会」を開催した。

冒頭の挨拶でOCVB専務理事の親川達男氏は、2000年のサミット開催以降、沖縄でのMICE開催が年々増加し、2018年には前年比2%増の1238件に拡大した実績をアピール。産学官が連携した推進組織「MICEネットワーク」や、開催地として沖縄が提供できる価値を伝える「沖縄MICEブランド」をもとにサポート体制を整えており、「他の地域では味わえないオリジナリティに溢れる沖縄MICEを実現していく」と意欲を示した。

OCVB受入事業部MICE推進課主任の眞栄城佳名恵氏は、沖縄が選ばれる3つの理由として「寛容なヒトと土地」、「自然豊かなリゾート」、「アジアと繋がるビジネス拠点」という、歴史や風土、地理的条件に由来する独自の魅力を強調。インセンティブとミーティングを中心に、コンベンションも15%増の241件に伸びており、「学会やアソシエーション系のイベントでも沖縄が選ばれてきている」と強調した。

沖縄県では、振興計画である沖縄21世紀ビジョン基本計画でMICEを沖縄経済成長の基盤に位置付け、ビジネスと結び付けた発展を目指しているところ。」